One step forward.

グダグダ&適当に〜。そして自由に遊ぶ。

価値価値山(カチカチ山)に登ろうとしていませんか。

f:id:rest-art:20190606220106j:image

 

カチカチ山という童話をご存知だろうか。

 

俺はこの童話が子供の頃から苦手だった。

 

何故かというと、ハッピーエンドどころか凄惨な物語だからだ。

 

確かに悪は許されない。因果応報という教えを説いていると思う。

 

今は大人の事情?で内容もかなりマイルドになっているようだが、俺の幼少期に聞かされたカチカチ山は修羅悪鬼の物語だった。(え?言い過ぎ?www)

 

個人的見解やけど、

己の欲望(悪戯心からの破壊的衝動や注目を浴びたい等の承認欲求に近いモノ)で田畑を荒らし、好き勝手をやっていた狸。

 

…もう、序盤から狂ってきてるw

 

何とか捕まえたお爺さんは狸汁にしてやると怒り心頭だが、知恵の廻る狸は情に訴えてお婆さんを懐柔。許しをもらったと思ったら即座に暴行。

そして亡き骸を鍋に。

狸はお婆さんに化けてお爺さんにその鍋を食べさせる。

そして食べ終わったお爺さんを見届けて、変化を解いて笑って逃げる。

 

…もう、ホラーですやん。

f:id:rest-art:20190606220450p:image

 

しかもカニバリズム要素まで入っているという…(((;゚д゚)))

 

 

 

 

 

この部分がガキの時の俺は恐怖でしかなかったのを覚えている。

 

 

俺は物心をつく以前から祖母に育てられた。

祖父は俺が生まれた時にはもう亡くなっていたからどんな人か知らない。

俺の人生で誰よりも尊敬しているのは祖母だった。

両親とは別居という訳ではないが、俺は少し敬遠されていたのをガキの頃から感じていた。

祖母はいつも真面目にコツコツと地道に色々な仕事を毎日こなしていたし、知識も凄かった。

それでいて一度も怒られた事はなかった。

間違った事をした時も何度も向き合って話そうとしてくれたし、俺が一人暮らしを始めた時も1番応援してくれていたのも祖母だった。

一生賭けても祖母には追い付けないと思う。

 

 

 

 

…横道に逸れたけど、お婆ちゃん子の俺からすれば、カチカチ山はなんちゅう話や‼️と悪い意味での衝撃だった。

 

 

 

その後の展開は皆さまご存知の兎さんが大活躍をして狸を成敗する訳なのだが、復讐を遂げた先に何があるのだろう。

この童話に対してはいつも虚しさしか残らなかった。

 

復讐内容も中々エグいよw

 

其れ相応の報いを受けるだけの事をしてる訳やから同情の余地は無いけど、あれだけ残虐極まりない狸が兎に対しては、『えっ⁉️兎に惚れてんの❓』っていうくらい従順。

寧ろ隙があり過ぎて、こんな簡単なクズ野郎に何故あの心優しいお婆さんは…。と怒りを覚えるくらい狸は単純になっているのだ。

 

しかも何度騙されても兎に従うという…www

 

えっ?兎さんに恋でもしてんの?

恋に盲目野郎か‼️

 

と思うくらい単純w

 

f:id:rest-art:20190606220528j:image

 

何故こんな話をしたかというと、最近友人夫婦の所にお邪魔してご相伴に与かったのだが、お子さんが俺に懐いてくれて、絵本を読んで寝かしつけている時にこの本を見つけたのだ。

(因みに読んであげる本は娘ちゃんのリクエストにより『プリキュアの絵本』になったw)

 

カチカチ山の絵本の表紙…。

あれも中々ケイオスティックな表紙だなぁ。

と思って手に取って読んでみたのが今回のブログのキッカケ。

 

だってファンシーな狸が二足歩行で薪を背負って火を点けられてるんやで?

 

さらに…

 

これまた二足歩行のファンシーな兎様が無垢な笑顔でそんな有様の狸を見ている。

 

 

もうね…

この時点でホラーやんw(←2回目)

f:id:rest-art:20190606220450p:image

 

二足歩行してファンシーな動物さん達が薪を背負っている事自体、奇妙極まりない構図w(完全に偏見というフィルターに染まった大人の考え方w)

 

大人になって童話を読み返してみると結構色んなヒントが見つかる。

 

あの狸がそこまで悪戯を繰り返していたのは何が根源にあったんだろう。

上記にも書いた承認欲求だと仮定してみる。

 

様々な存在から注目を浴びたい、人間という厄介で知恵の廻る存在に対して困らせる事で何かしらの達成感や自らが他の動物とは違う存在という過信を感じていたとする。

つまり、自分の価値を高める事に盲目的だった事に繋がる。

 

そして、悪手だった手段が憖に上手く事が運んだせいでその選択が正しいモノと判断してしまう。

=他の手段や欲求を満たす考え方を無くしてしまう。

 

狸の中で正道と定まってしまった事により、『困らせる』事だけに執着してしまう。

 

上手く行ってたのも最初だけ。

同じ事を繰り返していれば相手がある以上、いつかは対策されてしまう。

そんな事も予想だにせず、狸は向上心も無くただ困らせる手段を続けていたら、捕らえられた。

 

上手く行っていた(と勘違いしていた)狸からすれば、盲目だった事もあり捕まった時は

自分の行動に手も足も出ずただただ指を咥えて困っていた弱者(と軽く見ていた老夫婦)に出し抜かれて自尊心はズタボロになっていただろう。

己への過信と根拠の無い自尊心に執着していたから命乞いをして助けてもらった事に感謝や己の過ちを見直すという選択肢は一切無く、すぐさま報復(理不尽な復讐)に出た。

しかもその報復がとてつもなく凄惨で犯行に出たのが解放されて間もないという部分(衝動的に近い事)から、如何に自尊心が高くて盲信していたかが窺える。

 

そして、自尊心が満たされた狸は笑いながら住処に戻り、何も無かったかのように普段と変わらない生活を送って、兎に復讐され命を落とす。

 

 

 

この話って人間の欲求を上手く皮肉ってるんよね。

 

人は考える力が優れている分、動物的欲求に対してもその他の身近なモノに対しても価値を見出そうとする。

その価値の対象は人それぞれやし、価値を見出す事に善悪は無い。

そこで価値観というモノが生まれる訳やからね。

 

でも価値を見出す事、価値を高める事に盲目的になってしまうと『何か』を見落とす。

 

盲目的になってしまっている分、それは執着に変わり、その価値(もしくは価値観から生まれた自尊心)しか観えなくなる。

 

そうなってしまうと、他者からの考えや教えすら受け入れられなくなる。

 

盲信の対象と自分しか肯定出来なくなる。

 

ここからはもう、無限螺旋状態

f:id:rest-art:20190607064753j:image

 

盲信すればその価値を他者にも強要したくなる。

自分が感じる価値観を共有したくなる。

そこである一定の共感を得れても、満足感は一瞬だけ。

 

同じ価値観があったとしても他者が存在する訳だから当然自分と違う観方が出てくる。

するとそれは嫉妬になる。

 

いつのまにか正当化していた自尊心が出来上がってしまっている以上、その観方を受け入れられず、次は独占したくなる。

 

つまりは他者の共感を求めていた筈なのに、本人からすれば自分しか観れていないという矛盾が生まれる。

共感や強要したくなるというのは承認欲求だったり、全てをコントロールしたいだけの独占欲に支配されているという事になる。

 

人それぞれに価値の対象や価値観が違うのは当たり前だ。

観える世界も一人一人違う。

そこでどれだけ他者の価値観にも寛容であるか。

自分の価値観や自分自身を顧みる事が出来るか。

 

1つに縛られず広い視野を持てるか(=余裕があるのか)

という事が重要になってくる。

 

 

どんな事でもやり方は多種多様。

自分の選択が間違っている訳でも正解な訳でもない。

場面場面で目の前の事しか観ないから、答えを決めつけてしまう。

 

今は失敗と思っても長い目で観れば、それが正解のキッカケかも知れない。

逆も然り。

 

答えを決めるのも自分次第

 

今回のブログの内容だって、俺がなんとなく『こんな風に今は思う』だけであって、読んでくださってる方からすれば違うと思われる部分(もしくは全体w)もあるだろうし、何ヶ月後にこの記事を読み返した時に俺も間違ってると思うかも知れない。(もしかしたら明日とかかもwww)

 

ただ、1つに言えるのは

自分で決めた価値に縛られすぎてやしませんか?って事。

 

価値価値山に登ろうとしてませんか?

 

それはどのくらい標高があって、頂点から観える景色はどのように拡がってるかは本人にしか解らないけど、所詮は山。

 

価値に向かって高みを目指そうとすればするほど空気は薄くなるよ。

 

更に探究心とか欲求で更にガチガチになる。

 

価値価値山の中にガチガチの自分。

 

そんな時ほど自分を顧みたら良い。

たまには降る事も回り道をする事も必要なのです。

 

呉々も自分が創り出した想像に強迫されませんように。

その想像は所詮、実在しない蜃気楼という事を努努お忘れ無きよう。

 

 

 

憧れはいつしか尊敬に変わり、盲信してしまう事で崇拝に変わる。

 

期待や羨望はいつの間にか執着や妬みが生まれ恐怖に変わる。

 

 

 

目に観えるモノに様々な感情を想いおこす事もあれば、まだ現状では起きていないモノでも想像して無意識の内に縛られてしまい、制限してしまう事もあるという事で御座います。

 

 

童話も読めば色んな教訓がある。

気付き方は人それぞれ。

それで良いんちゃうかなwww

 

 

 

 

…あの絵本からここまで長々と書いてしまうとはw

 

まぁ、書いてる内容は薄いんだけどねっwww工エェ(゚Д゚)ェエ工

 

f:id:rest-art:20190606221353j:image

 

BGM:Shigure by heRajiKa tracks

 

 

非日常的な重畳。

更新したと思ったらずっと下書きに保存したままだった…2点。

 

f:id:rest-art:20190603222810j:image

 

 

 

最近、暑い日が続きますね⁾⁾|д・) ソォーッ…

 

夏になるのが早すぎませんか?(((;゚д゚)))

 

あっ、どうも嫉妬です。(…もういらん?w)

 

最近はと言いますと、色々と予定を入れて充実した日々を送っておりますw

 

 

土曜日は朝からジム行って汗を流し、昼から梅田でランチをかましてからの滋賀に戻って髪切り。

そしてまた梅田戻って飲み。

更に日曜も二日酔いギリギリの状態ながら、洗濯&朝風呂ならぬ早朝風呂を長々とかましてからのジム。

 

中々ハードだが、結構愉しい

 

良く、何故髪を切るのに滋賀まで戻るん?

と聞かれる事があるのだが、かれこれ10年以上お世話になってるし、俺にとっては癒しの空間なので移動費が掛かろうが関係ございませんw

 

良く勿体無いとか言う人も居るけど、時間も費用も俺にとっては必要な事やから勿体無いなんて事は無い。

 

それにやっぱり昔住んでいた街に戻るのも良いモノでして。

 

帰る度に少しづつ街が変わってて、それも愉しいのよねw

 

 

まぁ、そんなこんなで少しの時間だが石山付近を散策してから滋賀をあとにする。

 

そしてまたもや大阪。

 

少し遅れると事前に連絡していたから良かったものの指定されていた店に向かうと、ほぼほぼ出来上がっている人が2,3名。

 

…か、顔が真っ赤やないか‼️工エェ(゚Д゚)ェエ工

 

まぁ、梅田に着いたのが21時過ぎてたからしゃあないんやけどw

 

で途中参加ながらビールからのハイボールを経ての芋焼酎へ。

 

昔は焼酎とかロックばかりやったのに、最近は水割りw

…呑みながら、昔はロックの意味すら解らず何となくカッコいいからという変な固定概念で呑んでおりましたw

 

…ほ、ほら、良くドラマとか映画でそういう台詞がありますやん?

バーとか行って、注文の時に…。

 

うん、解ってる。

解ってるから…。

俺って痛い奴でしょ?www(自棄)

 

 

そんな感じで酔っ払いにイジられつつ、彼らの異常とも言えるテンションに追いつく為に呑んで、色々語り合いながら終電を逃した為、カラオケで朝までコースw

 

f:id:rest-art:20190603223357j:image

 

久々に朝まで歌ったw

…途中でシャウト系ばかりの選曲になってシングアロングしたり、暴れてしまったwww

 

そして始発で梅田を後にする。

空は明るく、そして暑くなりそうな予感。

 

帰宅してシャワーを浴びて爆睡。

 

昼過ぎに覚醒。

 

少し頭が痛いが、再度風呂に入って完全覚醒してからジムへ。

 

摂取したアルコールを出し切らないと‼️という事で、初めから飛ばし気味に筋トレから始めるが、汗が尋常じゃない。

 

いつもは汗が出るとテンションが上がって、心の中では『効いてる、効いてるぅ〜‼️』と若干意味不明なテンションになるのだが、この時は『今日は大人しく軽めのメニューにしよかな…。』と弱気だった。

 

ランニングマシーンも時速12㎞でいつものように走ろうとしたのだが3分くらいで息が上がる。

身体も重い。

 

急遽、傾斜10°時速6.5㎞のウォーキングに変更。

 

1時間程歩いて終了。

 

汗は止まらない。

かなりの疲労感が俺を包む。

 

…しかし。

 

…不完全燃焼。

 

やっぱり走りたいなぁ。

 

でもこの息の上がり具合はいつもと違う。

 

「まだやれる」と思う俺と「今日はこんなもんにしとこ」と思う俺が鬩ぎ合う。

 

悔しいが、今の状況でまだ走っても多分良い感じに終わる事は難しいだろう。

 

今日はこんなもんにしとこ。(判定の結果0対3で後者の俺が勝つ。)

 

汗をかいた事で、目覚めた時の頭痛は無くなった。

 

その後、何となく久々に万博にある温泉に行ってゆっくり身体を癒す。

 

最近はメッキリ行かなくなってしまったが、天然温泉と謳っている露天風呂に入り、その後は塩サウナ。

 

普通のサウナも好きなのだが、塩サウナは塩を擦り付ける事で発汗作用が活発になって通常のサウナより汗が出てる気分になる。(思い込み?)

 

で40分くらいサウナ内に居座り、シャワーで塩と汗を洗い流して、また露天風呂ゾーンへ。

 

気付けば夕刻。

 

なんだかんだで休日を満喫してるなぁとしみじみ思う。

 

 

全裸で外の風を浴びる。(寝転ぶスペースがあるのでw)

これが結構非現実的な気分になれて好きwww

 

 

普通に屋外でマッパなんて完全に事案ですからねw

公然猥褻罪ですよ。

 

f:id:rest-art:20190603223306j:image

 

まぁ、そんな趣味も無ければ人様に自慢出来るような素敵ボディではありませんのでwww

 

 

でもマッパで全身に自然の風を浴びたり、寝転んで目を瞑りながら色んな外の音や空気に意識を向けているとどう形容すれば良いのか難しいが、『良い感じ』になる。

 

トリップってやつかな?

自発的に何かを考えるというのではなくて、

静かに様々な考えや想いが浮かんでは消える。

 

そんな時間がとても贅沢に感じる。

 

そんな時にふと浮かんできた考えがずっと頭に残ってる。

 

不安や悩みがあったとしてもこの瞬間には起きていない。

不安も悩みも、逆を言えば期待も過去か未来に対してのモノだ。

今っていうモノは瞬間、瞬間に進んで行くモノだから定義が曖昧だが、今というモノは常にフラット。

 

過去や未来に対してばかり観測するのではなく、今にフォーカスする事も必要なのかな。と自問自答。

 

究極を言えば、たまには思考を止める事が出来たらなぁと。

 

人は常に色々なモノを観て、聴いて、思考して、想像する。

 

それが良い時もあれば、悪い時もある。

 

過去の出来事や様々な情報から視野が固まっていってしまい、固定観念といわれるフィルターを無意識の内にかけてしまう

 

それが当たり前だと思ったり

所謂、常識と言われるモノにカテゴライズしてしまう。

 

でもフィルターを外すことが出来たら、もっと違う世界も観れるのかな?と。

自分には無理。と良く耳にするが、結局最終ジャッジをしているのは自分。

 

それが思い込みと言われるモノ。

最終ジャッジをするまでに色々な要因はあったかもしれないけど、その要因の一つ一つがフィルターとなって、それしか観えないようになってしまっている。

 

どちらが良いとかでは無いんやけどね。

 

俺も未だに固定観念はあるし、まだまだな部分も沢山ある。

でもそう思えるのは、まだ自分に期待しているからなのかな。

 

 

…ヤベェ。

露天風呂の浮かんだ考えがここまで俺を支配してくるとはwww

これも俺が選んだ事なのかしら?w

 

書いてて、余計に意味解らん状態www

 

書いてる俺がこんなんやから、読んでくださっている方はもっと理解不能ですやんねwww

 

まぁ、何にでも『非日常性』を垣間見える瞬間があるわけで。

 

それを当たり前と感じるか、意外と感じるか。

一見、日常的で当たり前と言われる事でも本人からすれば目新しいモノ、感情は常に存在しているって事です。

 

 

そんな時程、新しい発見や違う視点で物事を観る事が出来る。

 

気付きという名の内側にある自分からのサインを大切に。

 

 

f:id:rest-art:20190603223259j:image

 

 

THINK TWICE by DJ BAKU

どちらを観ようか。

 

どうも。暴食ですw(そろそろネタがバレてきたかなwww)

 

f:id:rest-art:20190522203007j:image

 

こちらではG20が開催される影響で仕事がバタバタしそうな雰囲気を醸し出しております。

 

開催日は休日の代わりに土曜もしくは日曜出勤という噂も…。

 

まぁ、従事する時間は変わらないから別に文句は無いんすけどね。

 

f:id:rest-art:20190522203253j:image

 

 

 

仕事柄、様々な人と会ったり電話をする事があるのだが、ちょっとした感動があった。

 

とある取引先に依頼で電話した時の事だ。

いつものように電話を担当さんに取り次いでもらおうとしたら外出中だったので、担当アシスタントさんに取り次いでもらう事に。

 

『はぁ〜い、変わりました〇〇です‼️』

 

…もうね、声から可愛いw

 

何度かお会いした事もあるけど、常に笑顔でノリも良くて、自然体で上手に仕事をされてるように観える。

何よりも笑顔が可愛いw

こっちまで癒される。

それだけでなく仕事の速さと丁寧さ、そして精度。

ぶっちゃけ、送られてきたメールも内容、文章がとても丁寧で嫌味もない表現なのでかなり参考にさせてもらっている。

 

高嶺の花過ぎる方だ。(←狙ってんのかいwww)

 

 

 

今回は依頼内容が少し面倒な案件で、俺個人としてはとても申し訳無い気分だった。

なのでこちらとしても出来る事はしようと、過去の履歴を洗いざらい精査して、依頼案件数を少しでも減らすようにしたり、一覧表を作って案件状況及びこちらが分かる範囲での情報を見やすく、且つ取引先の負担が減るように事前に作成していた。

 

通話しつつ、今回の依頼内容を告げて送信したメールに一覧表及び分かる範囲の情報資料を送った事を告げる。

 

すると

『わぁ〜、いつもありがとうございます。

     前から思ってたんですけど、ここまでしてくださるクライアントさんはよしぼさん以外はいらっしゃらないので嬉しいですよ〜。良く〇〇(担当営業さん)と話してるんですよ。凄いなぁとか見習わないとねとか(笑)私、頑張りますね。あはは〜。』

 

 

…あかん、好きwww(←チョロい)

 

本来はここで小粋なジョークでも披露すべきなのだが、暴走しそう(スベりそう)なので軽めに依頼内容の補足と他愛ない話をして受話器を置く。

 

 

はぁ〜…癒されたぁ。

今日も頑張れる〜‼️

 

とテンションが3段飛びで上がっていくのを実感していると一通のメールが。

 

『先程はありがとうございました。

    (株)△△の〇〇です。

 

   先程はお忙しい所、お電話を頂戴しまして誠にありがとうございました。

   また、弊社の為に資料を用意して頂きまして、とても嬉しく思います。

 

〜中略〜

 

追伸:いつも相手側を考えてくださってるよしぼ様には感謝を致しております。実はいつも仕事の姿勢やお話を参考にさせて頂いております。

これからも何卒宜しくお願い申し上げます。』

 

 

…いやいや、いつも参考させてもらっているのは俺の方なんですけど。

 

素敵過ぎますやん(꒦ິ⌑꒦ີ)

 

社交辞令もあるというのは解っている。

 

 

しかし…。

 

しかしだよ、ワトソン君。

 

私の心情としてはね…。

 

 

…。

 

 

 

…控えめに言って、好きwww(←何回言うねん。)

 

 

何度も仕事以外の内容で社用メールを多用する訳にはいかないので。返事は控えておく。(仕事中やから当たり前w)

 

テンションが上がり過ぎて、その後の仕事が予定より早く終えてしまった。

という事は必然的に定時で退社予定に。

 

元々残業でもジムに行くつもりやったけど、このテンションなら更に良いトレーニングが出来るに違いない。

 

やったりまっせ‼️高嶺の花さん‼️www

お慕いしておりまっせ‼️高嶺の花さん‼️(ドサクサw)

 

と暴走気味まま会社を後にする。

 

f:id:rest-art:20190522203732j:image

 

 

 

実は転職してから通勤時間がかなり長くなった。

でもこの通勤時間は色々な事を考えられるから結構好きな時間でもある。

 

 

帰りに何となく『今』やっている事を考えてみた。

基本的には自分が楽しくしたいからやってる事。

 

そこに損得勘定はない。

 

周りから観たら、打算的も思われるかも知れない。

でも俺は昔から好きな人に対してはそういう計算するのは嫌いだ。

(相手をイジる為に色々と考察する事はあるけどねwww)

 

自分らしくいる為にそういう事は不要だと思っている。(というか不器用過ぎて出来ないw)

 

人それぞれやし、計算する事が悪いって訳やないんすよ。

計算出来るって事はそれだけ効率よく行えるって言い換えられるんやし。

 

何が言いたいかっていうと、

物事に対してどっちを観るんすか?

って事。

 

これは俺の昔からの考え方やけど、長所と短所は表裏一体

 

観方次第で変わる。

 

モノは言いようやろ‼️って思われるかもやけど、それの何が悪いのかな?と思ってる。

 

例えば、『自分は飽きっぽい。』と自嘲する人がいるとしよう。

俺なら

『それだけ色んな事に興味を示してしまう。』

『好奇心旺盛』

と言う。

 

『私はワガママだから…』

という人がいるのなら

『それだけ自分に正直で自分の意見を言えるんやろ?』

と言い返す。

 

前にこのブログにも書いたけど、今ある状況や状態に対して選ぶのは自分。

今という瞬間は常にニュートラなのだ。

(言うてて俺もテンパってる時はどちらかに飲み込まれるけどねwww)

 

恋愛だろうが、仕事だろうが、人間関係や遊びだろうが、

上手く行かなくて落ち込む時はある。

予想だにしなかった事で窮地に追い込まれる事や不完全燃焼に終わる事もある。

 

そんな時は無理に前向きになる必要はない。

落ち込んでも良いし、怒っても良いし、泣いても良い。

人間なんやから心が常に一定で居る事なんて無理だ。

 

もっと言えば、別に引きずってしまっても良いと思う。

 

 

ここまで言っちゃうと、

はぁ?(º ロ º๑)そんなん良い訳無いやん。

何眠い事言ってんねん。

と思われるかも知れない。

 

でもさ、それだけ感情が振り切ってしまうって事は、それだけ本気やったって事やろ?

 

それを無理矢理、前向きにするのって非効率やない?

 

確かに我慢をしなければいけない時はある。

 

悲しみや怒りに任せて暴力とか誹謗中傷とかするのは間違っている

 

でもそんなにまで想ってしまうっていうのは、それだけ本気やった証拠とも言えませんか?

 

追い込まれて、ツラい時や悲しい時は現状に打ちひしがれて、そこまで考えられないかも知れない。

 

でもそこまでショックを受けるのは、それだけの想いがあったから。

 

ならばその想いを誇れば良い。

 

現状を正直に受け取って、

 

どうせ俺なんか…。

やっぱり私なんて…。

 

って思う前に、

 

それだけ本気やったんやなぁ。

だからこんなに頑張れたんやなぁ。

 

と思えば、幾分楽になれる。

 

これは気休めで言ってるつもりはなくて、俺自身そうだったから。

 

俺なんて失敗ばかりの人生っすよw

今ではそれをネタに話すけど、初めて聞く人は大抵引いてるw

(この前なんて、取引先の若い営業君やアシスタントちゃんと呑んでて、その話をしたら『よしぼ君もう止めて下さい。悲しいを通り越して痛々しいっす。』と言われたwww)

でも俺に実際に降りかかった事やからしゃーない。

 

ただ、悲劇のヒロイン(⁉️)ぶってる訳やないんすよ。

そんな事があっても、こうしてヘラヘラしてる奴がおるって思ってくれりゃ良いんす。

それで、少しは気が楽になってくれるのなら、上出来な方っすwww

俺なんかよりももっと苦労をされてる方だって居る訳やしね。

 

少し横道逸れたけど、引きずってしまうならとことん引きずる自分に付き合うべきちゃうかな。

 

その内、色んな事を考えるよ。

もっと言えば、それを分析しようとすらする。

 

…もう、研究熱心なんだから‼️

 

ただ、1つ気をつけないといけないのは、

その分析は本当にニュートラルな状態で分析出来ているか?

って事。

 

分析するのに元々がどちらかに傾いていたのなら、結局、そっちの考えにしかならない。

 

更に物事を分析する時って大抵、ピンチになった時や上手くいかない時

だから分析して対策するんやからねwww

 

上手く行ってる時に分析なんてあまりする事ない。(…と思うw)

 

という事は、

初めからマイナスからの視点での考察な訳やから更にマイナスしか観れなくなってしまうんす。

 

下降中に反発して上昇するのは中々パワーがいる事。それは物理の世界でもそうでしょ?

 

だからプラスに足掻こうとするけどマイナスしか見えない思考になりがちなんです。

 

ならば一旦どん底(納得する)まで落ちれば良い。

その代わり、自分を否定しない

悪い事が起きたら、そればっかり観て、自分が悪いと思いがち。

 

でも実際は色んな要素が絡み合ってる。

 

自分が悪いと思う前にそこまでの自分の気持ちを見直してやる。

そうすればその時は自分がどういう気持ちやったのか、自分がそれだけの事をしたモチベーションの本質が見えてくる。

所謂、落ちきる時の受け身の取り方を準備する。

 

そうすれば、着地の時に負担は軽くなる。

 

着地の時に怪我してなければ、また飛べる。

 

そういう事。

 

f:id:rest-art:20190522210047j:image

f:id:rest-art:20190522210131j:image

 

 

…因みに落下中であろうが我慢出来なくて分析したいのなら先述の表裏一体という意味、そして今の立場が本当にニュートラルなのかをお忘れなきよう。

 

 

 

 

 

 

まだまだ書きたい事はあるけど、続きはまたいつかw

 

 

今日もバテバテながら良いトレーニングが出来たぜ。

 

それは…高嶺の花様のお陰かなwww

 

f:id:rest-art:20190522210200j:image

 

 

 BGM:夜行性の夢 by 呂布カルマ

 

 

 

 

 

 

 

 

Creation&Imagination

 

f:id:rest-art:20190518195639j:image

 

どうも、傲慢ですw

 

それにしても、この不定期&不安定感。

 

色々やりたい事が多いので更新の法則もなく、適当に書いてる事に自分の無計画さを痛感してますw

 

さて、前回は私のサッカー好きが再燃してのよく分からない内容でしたが、たまにあんな感じも書いていくと思うので、興味をお持ちになられたらこれからもお付き合い頂けますと光栄の極みでございますwww

 

仕事もそうなんすけど、色々と前向き(?)な気分なんすよね。

 

何つーか、更に色々な事を知りたい。

色々な事を体験してみたい。

 

どうすれば上手くいくか?

って事よりも

どうすりゃ面白くなるか?

を軸に考える事が多くなった。

(↑書きながら、振り返ってみたらそう実感したw)

 

『老当益壮』

ってヤツか⁉️

 

三国志の蜀の名将(五虎大将軍の1人)黄忠漢升のお言葉を実感するとは…。

(意味にご興味があればググってみてねwww)

 

とか思ったりしてw

 

f:id:rest-art:20190518201935j:image

 

昔の俺は大人になるにつれて色んなモノに興味が薄れたり行動しなくなるんかなとか思っていた。

 

バンドやってた時も『今』しか観ていなかったし、

ボードやグラフティ、夜な夜なクラブ行ったり仲間と馬鹿して遊ぶ時も「今だけしか出来ない。結婚とか良い大人って言われるくらいになればこんな事は出来ない。」

と何処かで変にスレて思っていた。

 

…か。可愛げがナイw

何ちゅうクソガキでしょうかwww

 

で、今になって思う事は

 

…あ、あまり変わっていない。

 

f:id:rest-art:20190518195852j:image

 

というか、寧ろ当時よりも考え方や視野が拡がったお陰で

更に様々な事に興味を持った。

 

確かに年齢で言えば、しっかりせなあかん年齢に差し掛かってるし、物事に対しての視点は変わったと思う。

 

ただ、自分の考え方を正当化してるつもりは1ミリも無いし、他者から観ればまだまだと思われてても

これが俺の現状でのスタイルって言えるようになった。

 

欲求で言うなら、

ガキの頃に思ってた大人像になりたくない訳でw

 

否定はしていないけど、ガキの頃の俺が想像してた大人よりももっと面白い大人になりたい。

過去の自分の予想通りになるのはオモロないんす。

 

過去があるから今がある訳やけど、過去の自分より様々な事を観て、経験も増えてきた。

だからこそ過去の自分の予想通りはレベルが変わってないみたいで、何となく癪に触るというか…www

 

えっ、何言ってるか解らない?

 

…うん、俺もwww

 

 

まぁ、そんなこんなで本日は1日中曇り空で雨が降りそうで降らないという焦らし系のお天気w

 

そんな空模様も嫌いじゃない。

 

風も強かったし、外出するのに少し迷いが出たけど、スーツを新調しようと梅田を散策。

 

 

…結局、本屋とレコ屋を巡ってからDIESELに寄る。

 

店員さんとお話しながら色々観ていると、中々素敵なデニムを発見。

 

最近、生デニムって無いんすよね。・゚・(ノД`)・゚・。

その悲しみを胸にしまい込み、店員さんと色々と話すのだが、今回生デニムとまでは行かないが中々素敵な肌触りのデニムが。

しかも2本しかなくてサイズがあるかここでもまさかの焦らしプレイ。

 

…き、嫌いじゃない。

 

スキニータイプという事もあり、始めに渡されたデニムは少し窮屈だった。

あと1本…。

 

バックヤードに戻られた店員さんを見送りながら心の中で祈る。

 

1インチ上げたら、何という事でしょう。

 

動きやすさ最高。

先程よりも断然動きやすい‼️

 

何という僥倖。

感謝します…感謝しますよ‼️店員さん‼️(←このすばめぐみん風に)

f:id:rest-art:20190518201956j:image

 

とハイテンションになり即購入。

 

外出のキッカケだったスーツの新調は何処へやらwww

 

服とかは特にそうだが、買い物のスタンスは恋愛と同じで一目惚れ(という直感?)を大切にするタイプw

試着はあくまで買うと決めないとしない。

店員さんには申し訳ないが、勧められてもしないから嫌な客だと思うw

(事前に主旨を言うけどねw)

 

自分が納得して買うと大切にするし、何年もお気に入りとして残る。

だから高い買い物でも長く愛用するし、安いものを買ってすぐにダメにするよりも経済的だと思う。

 

俺の持ってる服は結構古いモノもあるけど、未だに気に入ってるものばかりw

たまに本職である店員さんに驚かれる事もしばしばだがw

 

そんなこんなで上機嫌になった俺は、一度帰宅してから再度ジムへ。

 

テンション上がりすぎて、いつもより筋トレを多めにこなしてから傾斜をつけて全力疾走しようとしたがふくらはぎに違和感

 

…これは攣るね(・∀・)

 

今までの俺はそれでも御構い無しに運動を続けていた。

 

お陰で前に行ってたジムで恥をかき、誘われて行ったバスケでも試合開始5分で両足を一緒に攣ったり、兎に角失敗ばかりをしていた。

 

ふっ、今日の俺は一味違うぜ。

 

そう思い、ウォーキングに変更し、程よく汗をかいてトレーニングを終え、更衣室へ向かおうと階段を登っていると…

 

ガクッ。

 

おゎっ‼️Σ(゚д゚lll)

 

そう、右足首を捻った。

 

しかも階段を登ったら受付があり、そこを通ってから更衣室なのだが、声が大きかったのかガン見されていた。

 

これは気まずい。

 

さっきまで、

今日の俺は一味違うぜ

とかイキッてたのに。

 

ダサい、ダサすぎる。

 

通り過ぎる際に声を掛けられたが、

お馴染みの苦笑い。

 

そして、出来る限りポーカーフェイスを装うが、シャワー室で1人悶絶

 

…だって帰りにまた受付を通らないとあかんねんで。

 

f:id:rest-art:20190518202115j:image

 

結局、恥を晒す事となった。

 

さっきまで、しっかりせなあかん年齢に差し掛かってきたとか抜かしてたのにこの有様、この体たらく。

いつまで経っても威厳という言葉には縁がなさそうでございます。

 

まぁ、ジム帰りに強過ぎる風を全身に浴びながらもネタになったなぁとか思ったのはここだけの話w

 

『人が空想できる全ての出来事は起こりうる現実である』

 

というウィリー・ガロンの名言を思い出したけど、

これは空想していたのだろうか…。

 

 

とりあえず、明日という1日を楽しみに今日はハードコアな音楽を流しまくって、恥を忘れようw

f:id:rest-art:20190518202240j:image

 

 BGM:NON TITLE #4 by atmosfear

 

 

 

サッカー観戦。

どうも、怠惰ですw

 

最近、中々どうして忙しくなってきております。

 

まぁ、忙しいからってブログを書かんのは言い訳やけどw

 

かなり暑くなってきましたね。

朝、夜は涼しい風が吹いて良い感じではありますが。

 

今の気温が1番行動的になりやすいらしい。

まぁそうですわな。

 

私も念願だったイニエスタヴィッセル神戸 exバルセロナFC)やビジャ(ヴィッセル神戸 exバレンシア,バルセロナFC,アトレティコマドリー…etc)のプレーを生で観れて大満足でした。

 

f:id:rest-art:20190516225852j:image

f:id:rest-art:20190516225954j:image

f:id:rest-art:20190516225937j:image

 

元々サッカーは大好きだし、根っからのユベンティーニなので。

(2人ともユベントスには在籍してへんやろ‼️というツッコミは勘弁w)

 

イニエスタはケガの状態もあってフル出場じゃなかったけど、途中出場でもあの存在感。

そして柔らかいパスや、そこを通すの⁉️っていう視野と発想の凄さ。

ビジャは老獪であり、瞬発的に良い位置に入れるストライカーに必要な嗅覚や、FWとしては決して恵まれてる身長では無いけど要所要所で攻撃の起点となっていた。

やっぱり世界最高峰で戦ってたプレイヤーは全盛期を越えたと言われてもレベルが違う。

今は神戸も連敗中やし、観戦した試合も鹿島に負けてしまったけど、俺にとっては全盛期の彼等のプレー集や試合をテレビやユーチューブで観ていただけに、感動していた。

 

この2人が好きな理由は他にもある。

2人とも紳士なのだ。

イニエスタに至っては、当時所属していたバルセロナやスペイン代表で欠かせない絶対的な存在だった時、自国のバラエティ番組のドッキリ企画で普通にショップの店員になりすまして、ファンや一般人を驚かせつつもその後は和やかに写真やサインに応じていたり、日本に試合に来てもわざわざ地下鉄に乗って移動(しかもバレてなかったらしい)したりして人間に溢れるというか飾らない姿がとても好きになった。

 

クリスチアーノ・ロナウドのタトゥーを入れない理由や日本の少年と話した時のフォローの話と同じくらい好きな逸話。

 

当時のイニエスタなんて、バロンドール候補は当たり前やし、世界有数の名プレーヤーですよ。

スーパースターですよ。

お金持ちなんて言葉すら凌駕するくらい稼いでいるのに地下鉄で異国の街を満喫するなんて、素敵すぎるじゃないですか。(しかも何度も。)

 

こういう素朴な人間性を持ちながらもサッカーでは最高峰のプレーをして世界中のサッカーファンを熱狂させていたのだから、カッコイイ以外の言葉なんて出ませんw

 

そしてダビド・ビジャ‼️

同い年www

見た目に反して(失礼w)かなり謙虚なストライカーなんすよね。

スペイン代表の最多得点記録を持っていて、まさに無敵艦隊と揶揄されていた時から存在感があったし、点取り屋って感じだった。

バレンシアに所属して点を量産してる時に初めてビジャを知ったけど、同い年と聞いてビックリした。(イブラヒモビッチの時よりもwww)

 

上記にも書いたが、世界で戦うには体格は恵まれていないと思う。

同い年のイブラヒモビッチのように身長が高く、ポストプレーでもミドルでも出来、DFを文字の如く捩じ伏せるFWが一般的にストライカーと呼ばれるかもしれない。

しかし、ビジャは何よりもゴールへの執着が凄まじかった。そして泥臭くも貪欲で、更にはシンプルながら隙を見逃さないプレースタイルに興奮した。

 

バルセロナでは怪我だったり苦しい時期も続いたがそれを見せる素ぶりすらなかった。

代表でもクラブでも絶対的エースになったのに、インタビューで彼は『ヒーロー?それは俺じゃない。』と言い放つカッコよさ。

 

未だに塗り替えられていない自国代表の最多ゴール記録まで持っているのに常に謙虚な姿は心に響くモノがある。

彼は常にチャレンジしているんだろう。

 

そんな2人のプレーを生で観れたのは感動しか無かった。

ポドルスキも観たかったけどw

 

 

今の神戸の現状が気になるけど、こんな大スターですら

少しでもチームが良くなるように、

サポーターが笑顔になるように

泥臭く頑張っているのを観て、元気を貰った。

 

 

 

やっぱりスポーツっていいねwww

 

 

 

 

これ以上サッカーを語ると長く&グダグダになりそうなので、この辺でwww

 

 

 

 BGM:時計台の鐘 by eastern youth 

 

 

 

 

 

岐路にするか帰路にするか。

どうもご無沙汰でございます。

皆さまG.Wはいかがお過ごしでしょうか?

 

平成から令和という変わり目。

 

まぁ、色々な場所で耳にも目にもしたので否が応でも意識しますよねw

 

移る瞬間は特に何かが大きく変わる事は無く、私は爆睡しておりましたwww

 

 変わっていくのはこれからなんでしょうね。

それは俺自身も世界も。

 

誰もが変わるという事に期待する。

不安もあるかもしれないけど、期待をするから不安が現れる訳で。

変わる事が期待なら変わる事を選べば良い。

不安が多いとするならそのままを選んでも良い。

どちらにせよ、自分で選ぶ事が大切

 

 

とまぁ、そんな事を言いつつも今回のG.Wを毎年の事ながら直感のままに過ごしておりますw

 

今年は地元に少しだけ帰り、着の身着のまま移動。

親戚の家にも顔を出して、その後は何となく京都へ散歩したり、こういう大型連休でしか会えない友人達と酒を呑みにいったり、1人でお寺巡りしたり、服&本&音源探しの街巡りしたりしておりました。

 

何となくやけど、やっぱり変わったよなぁと実感。

 

それは周りの皆もそうやし、街の風景や姿も変わってる。

それはゆっくりでもあったり、思ってたより早かったり様々。

 

でも変わらないモノもある。

こうやって久々に会えばガキの頃と変わらずバカ話出来る事や考え方や生き方。

学んだ事や色んな出会いで選択肢は増えたかもしれないけど、根底は変わってない。

 

変わりたきゃ変わってるけど、あまりそんな風に思ってないからかなw

 

最近、周りの人達が頑張ってる姿や笑顔でいる姿を知れる事が多くて、側にある訳じゃないけど、それを知れる度に嬉しくなる。

 

どんな人でもきっと悩んだり考えながらも今を楽しんでいる。

そういう事を教えてもらえる瞬間でもあって。

 

基本的にまだまだバカばかりしてる俺やけど、出会った皆全員が笑顔であってほしいと最近は強く想う。

 

連絡を取らなくなった人も多い。所謂、悪い別れ方をした人達も居る。でも今まで出会ってきた人達、誰か1人でも欠けていたら今と違う自分が居る。

 

IFの話だが、違っていたらどんな奴になっていたんかなとか思うけど、俺は自分で選択して今のこの状態なんだろう。

それは嫌いじゃない。

 

今の自分に満足はしていないけど、納得はしている。

反省や後悔した事もあるけど、それだって俺が選んでた事。それで今の自分が居るなら、まぁ良いんちゃうかなと。

ただ、それをこれからどう活用するか。

瞬間、瞬間に誰もが選択してる。

 

自由ってそういう事。

不自由と感じても、その瞬間をじっくり味わってみればそれは自由の中で自分が選んだモノ。

それを不自由と自分の中でカテゴライズしただけ。

 

本当は不自由じゃない。

不自由という都合のいい言い訳や観念の所為で制限してしまうだけ。

考え方や視点を変えてみれば、不自由も自由に変わる。

 

まぁそこが難しいんやけどねwww

 

そういえば、今日何気なく図書館で読んでいた本に中々面白い言葉が載っていた。

 

『他力本願』

 

この言葉って誰か他人に物事を解決してもらうっていうニュアンスで捉えている人が多いけど(俺はそうですw)実は違うみたいでして。

 

「他力」と言うのは如来の本願力なり。

 

というのが浄土真宗の祖師、親鸞聖人の言葉。

 

如来とは阿弥陀如来の事を指す訳で。

簡単に言えば、

どうしても叶えたい事や本当の願い(本願)に対して、あれこれ策を練ったり細工やディテールばかりに拘るのではなく、ドーンと潔く仏様の力を本気で信じて任せておけば、いずれか叶う。

って事。(←注意:個人的解釈

 

もうね、俺からすれば目から鱗ですよ。

鱗どころかエラ呼吸しそうな勢い。

 

他力本願って

自分は何もせずに他人任せって意味だとばかり。

だからあまり良いイメージを俺は持っていなかった。

 

内容を知って凄く面白く感じたし、何か新たな事を得た気分になった。

 

個人的に本を読む事は好きやし、漫画もアニメも好きだ。

何でも良いんやけど、自分の好きなモノを大切にしていれば、そこで学ぶ事や発見は多い。

 

ドラマでも映画でもゲームでも絵画でも旅でも何でも。

極端に言えば、遊びから始まった趣味と呼べるモノだとしても。

 

そこを否定しない。

周りに何を言われようが自分好きなモノを誇っていれば、それが本物になる。

 

 

f:id:rest-art:20190503224646j:image

 

あなたは何を選んでどう進みますか?

 

 

 

BGM:PARANOID ANDROID by RADIOHEAD

 

 

長い長い1日(後編)

 

最近、快晴が続いてたからたまには雨の日も良いっすよね。

 

去年も同じ時に雨やったっけなぁ。

 

USJ行ってまさかの雨w

でも雨やったから残念って訳じゃなく、雨の中でも思い出残る日やった。

 

 

…あら、少しおセンチな気分w

 

f:id:rest-art:20190425214637j:image

 

ではこのお題もラスト(?)いってみよ〜w

 

 

 

皆んなが料理を取りに行ったり、お酒を飲んだりしながら色々と談笑をされ楽しいひと時を過ごしている。

 

俺は声を掛けてもらう方々にビールを注いでいただき、そして注ぎかえさせてもらう。

 

そして大抵は一気

 

別に一気飲みを強要されている訳じゃないが、俺は元々体育会系で育った人間。

 

心意気を観せてやろうではないか‼️

 

というのは建前で、先ほどの失態を弄られて酒に逃げようとしたのが本音www

 

『良い飲みっぷりやないか‼️』

と言われ、更に注がれる。

 

うん、悪手だねwww

 

そして、1つ気付いた。

 

今日、昼のホットドッグしか食べていないという事にw

 

幾ら見た目は若いと言われても実年齢は中年でございます。

テンションとかノリもまだまだバカをするくらい元気はあるが、酒耐性は確かに20代に比べて弱くなっている。

 

自分でもそれは痛感している。

 

なのに。

 

…なのに。

 

何故やっちゃうかなぁ〜。

 

f:id:rest-art:20190425215736j:image

 

学べよ、俺‼️

 

そんな感じで、かなりグワングワンしてきていた。

 

フワフワやったら良いんやけど、こりゃ明日は確実に二日酔いやな…。

 

そんな事を感じつつもカメラは離しません。

 

まだやれます‼️www

 

 

…あっ、やっぱ無理www

 

 

という事で、他の親睦会役員にバトンタッチ。

 

ある意味、重圧から解き放たれた気分w

 

俺は自由だぁ〜。

 

f:id:rest-art:20190425221007j:image

 

一息つきたかったので、タバコを吸いに喫煙所へ。

 

久々に吸うHi-LITEはやっぱり美味かったw

 

今まで、ニコチンとか気にしなかったけど、煙草を吸ってると実感する。

 

vapeも色んな味があるし、何よりもヤニとか無いし、好きなんだが、煙草とは違う。

ニコチンの効果を改めて知ったw

 

禁煙します‼️って宣言してるつもりも無いし、そこら辺の拘りは無いんやけどねwww

 

ふと外に目をやると高層ビル群に囲まれている。

田舎者の俺からすればこの場所にいる事自体、不思議な気分だ。

 

今まではこういう場所に行く事は殆ど無かった。

 

でも今の仕事に就いて、本当に色んな場所に行く機会が増えた。

某有名メーカーの工場見学や、某有名企業グループ主催のセミナー。

色んな業界の展示会。

東京だったり、名古屋だったり、ホンマ色々な場所に向かわせてもらった。

1年も経たずにこれだけ経験させてもらったのも自分の人生を振り返ってみても無かった。

 

移動距離だけだとバンドやってた時くらいかなw

 

会う人も格段に増えた。

仲良くなってプライベートで遊ぶ事も増えた。

 

しかも自分とは違う世代でっていうのが更に面白い。

 

年上の方だと、俺の考えを静かに聴いてくれている。

年下の方だと、熱く勢いを持ってハッチャケてくれる。

 

全てがそうだと言わないけど、今のこの歳でこういう出会いが増えた事は自分にとって良いタイミングだと思う。

 

そんな風に入社してからの事を思い返しながら休憩してると、

 

 

 

…あ(・∀・)

 

親愛なる大先輩(先生)に見つかる。

 

ニヤニヤしながら、喫煙所のドアを開く。

 

何、一丁前に黄昏とんねん。

ドラマか?

主人公気取りですかぁ〜?(笑)

やっぱり出世コースの御方は絵になりますなぁ〜(ニヤニヤ)

流石〜…。

 

 

畳み掛けるように俺をイジる。

何故、そんな素早く言葉が出るのだ。

 

俺が大先輩(もしくは先生)と敬うこのお方は、頭の回転がエゲツないくらい早い。

状況判断と情報処理能力も凄い。

視野も広い上に、少しのスキも見逃さない。

 

普段でも休憩中に色んな話題で雑談しているが、いつも論争的に負ける。

ここまで理論武装しながらも常に笑顔で怒った事を見た事もないから、それも凄い。

趣味とかも広過ぎるし、お孫さんも生まれておじいちゃんやのに、若々し過ぎる。

聴いてる音楽とかもメタル、ロック、ダンスミュージック、8bitモノ…何でもありやし、植物、生き物、昆虫、プラモ、ゲーム、漫画…ジャンルも数知れず。

交友関係も広いし、マニアックな情報多い上にフットワーク軽いし…。

 

しかも私服オシャレw

 

未だに某有名ゲームアプリの星5キャラを当てたらLINEで俺に報告が来るくらいやしなぁwww

 

こ◯亀のリアル両さんみたいな人www

 

一個だけ違うのはお金には絡ませない所www

 

何でも商売に繋がりそうやけど、先生曰く

お金を絡ませると面白く無くなる。

との事。

 

う〜ん、深い。

 

そんな先生にその後も俺イジリが止まらず、先程のリラックスタイムは夢だったかのように現実に引き戻された。

 

会場に戻りテーブルに座ると、何やら催し物があるようだった。

 

司会のS君が

『今からゲームを始めますので、各テーブルから代表者1名を選出してください‼️』

『まずはこちら、「ビッグマック」早食い選手権〜ん〜…。』

 

 

…え?

何この展開?

 

俺、会場間違えた?

 

各テーブルから代表者を選出…

 

とテーブルを見回すと俺に視線が集まる。

 

…い、いやいやいやいや。

 

何?その生暖かい視線は⁉️

 

俺?

嘘でしょ?

確かにナイスミドルの面々やし、皆様上司に当たるお方ばかりだと認識しておりますが、まだちゃんとお話しもあまり出来てないのに?

 

何よりも酒しか飲んでないからもう食べる気すらしないのですが…。

 

『君、食べれるやろ?やりそうな顔してるよね〜。』

『自分、あまり食べてないようだから行けるでしょ?』

 

その言葉を発されたとともに俺を除くテーブル内の視線が突き刺さる。

 

f:id:rest-art:20190425214927j:image

 

 

…やはり。

 

えぇ。そんな気はしておりましたよ。

 

私ですよね。

 

ですよね…。

 

意を決して、またもや壇上に向かおうとした時、

司会のS君から衝撃の一言が。

 

『優勝した方のテーブルには豪華プレゼントがありますので、応援も盛り上がって行きましょう‼️』

 

 

…コノヤロウ

 

無駄にハードル上げてんじゃないよ。

 

やり辛いやろ‼️

 

 

視線が痛い。

 

 

しかも酔いも回ってきているこの状態で食える気が全くしない。

 

f:id:rest-art:20190425214725j:image

 

しかし、ここで弱気になるのは違う気がしたので、意を決する。

 

壇上に上がると一見、思ったより小さく感じるから不思議だ。

 

隣にはなんと大先輩。

こういう場面では必ずと言っていいほど、出て来られるのは知ってたけど、大丈夫っすか?

 

逆側には新卒君。

若いし、なかなかガタイも良い。

 

…あっ、これ負けるね。

 

ただ、俺も壇上に上がった以上は無様に敗退するつもりはない。

疵痕は残すぞ‼️

 

『各々、準備は良いですか?それでは…スタート‼️』

 

 

ちょ、ちょっと待って。

 

水無いやん。

 

何も無しで?

 

スタート遅れた‼️

 

と飲み物が用意されていない事に動揺。

 

焦ってビッグマックを口に押し込むが、違和感。

 

 

 

…冷たい。

 

パッサパサ。

 

 

一気に口の中の水分が無くなる。

 

初めて経験したが、どれだけ口の中に押し込んでも、水分が無くて飲み込めない。

 

喉を通ろうとしない。

 

しかし口の中に入れた以上、リバースする訳にもいかない。

 

歓声が聞こえる。

 

半ば強引に押し込んだせいで手はベチャベチャだ。

 

 

どうすんねん、これ‼️

 

と3分の1くらいになったバーガーを握り締めながら、本日2度目の震え。

 

み、水、水水水水水…。

 

この瞬間は何よりも水が欲しかった。

 

その瞬間、一際大きい歓声が上がる。

お隣の新卒君が食べきったのだ。

マジか⁉️と思って隣を見ると…

 

 

 

空になったグラスが。

 

 

 

 

…(・∀・)

 

 

あ、あの〜俺には?

 

身振り手振りでアピールをすると、やっと気付いてくれたのか、目の前にグラスを用意してくれた。

 

一気に流し込む。

 

さっき喉を通らなかったのが嘘みたいに、胃に流れてくれる。

 

…とその瞬間、

 

 

ごはぁ‼️

 

f:id:rest-art:20190425214902j:image

 

苦っ‼️

 

 

何これ⁉️

 

苦ぁ〜‼️

 

 

も出てきた。

鼻水も出るし、バーガーが気管に入ったようで、阿鼻叫喚の地獄が俺を襲う。

 

胃が逆流しそうになるのを必死に抑えながらもむせ返った。

 

呼吸が収まらない。

 

はぁはぁ言いながら残りを食べて、またこの檄苦の謎の飲料水を飲む。

 

苦ぁ〜(涙)

 

f:id:rest-art:20190425221126j:image

 

飲み込んで手を挙げる。

 

 

『あの2位とか無いので…(苦笑)』

 

 

はぁ?

 

俺こんなに頑張ったのに⁉️

 

つか周りは諦めてるやん…

皿の上に食べ残しが無残に置かれていた。

 

そら、あんなパッサパサのバーガーなんて食えんわな。

 

つーか何の飲み物あれ?

 

と混乱しつつ挙動不審に陥ってると、大先輩が一言。

 

お前、はしゃぎ過ぎw

 

 

…いやいやいや、俺だけグラス無かったんすけど、

観てたやん。

俺が苦しんでる姿を。

 

そう思いながら、

『お茶?みたいなのエグい味しなかったですか?

      というか水来るの遅過ぎません?』

 

と尋ねると、

 

『あぁ、お前の烏龍茶も俺が飲んだw

こっち側に置いてあったけど普通気付くやろ?

 

 

 

はぁ?⇦2回目

 

 

『でお前が飲んだやつ何やったん?(ニヤニヤ)』

 

…こっちが聞きたい。

 

取り敢えず、気分が悪くなってきた。

 

司会のS君を見ると

 

『流石っすね。リアクションエグすぎでしょw

あっ、これ次のゲームで用意していたせんぶり茶っすw

よしぼ君のグラス無かったんで、しんどそうやったから用意しました(爆笑)

 

…なにそれ?

 

…あぁ、これが噂のせんぶり茶かぁ〜…。

 

てなるかぁ‼️

そんなん初めて聞いたわ‼️

 

何故、俺をイジる⁉️

つーかイジってくれるのは良いけど、雑い。

 

優勝した新卒君も苦笑いやないか‼️

 

そして、2位&こんなに仕打ちを受けた俺には何も無いんかいな‼️

 

f:id:rest-art:20190425214834j:image

 

色々と不満はあったが、それ以上にリバースしたくて仕方がないので、全力の苦笑いをしてトイレへ一直線。

 

したかったのだが、道中色んな人に声を掛けてもらった。

 

笑ってくださったのは嬉しいが、

これは笑わせたのでは無く笑われただけ。

 

不本意です。

 

ここでもお馴染みの全力苦笑いを披露して、会場からフェードアウト。

 

まだ鼻辺りの気管に違和感。

 

とてもしんどかった。

 

そして、やっぱり目立ちたくないという想いを改めて認識した。

 

だいぶ、楽になってから口をゆすいで喫煙ルームで休憩。

 

満身創痍。

 

元々予定があったので二次会には不参加だが、今回ばかりは助かった。

 

この状態で二次会も参加したら、どうなるか解らない。

 

そんな事を思いながら長い間喫煙ルームで寛いでると、心配して駆けつけてくれていたらしいS君が来て、

『さっきはホンマすみませんでした‼️でもよしぼ君のおかげでかなり盛り上がりましたし、助かりました。あざっす‼️』

 

やだ、ナニコレ?

 

この笑顔はズルすぎひん?

流石、敏腕営業マン…。

 

思わず、許してしまう。(元々怒ってないけどw)

 

そろそろ戻ろうとするとその後に一言。

 

『でも嬉しかったでしょ?w

あれだけ滑った後やったから自分でも言うのも何ですけど、ナイスフォローでしたよねwww』

 

 

…コノヤロウ

 

f:id:rest-art:20190425214946j:image

 

 

その後は顔面蒼白というのもあり、大人しく過ごす。

 

恒例?のじゃんけん大会などもあったが、目立ちたくないので早々にリタイア。

 

そして、式典は終幕へ。

 

疲れたぁ。

 

そう思いながら、扉を開けると社長や本部長から

『面白かったぞ。これからも宜しく頼むな‼️』

と言われて握手。

 

少し泣きそうになった。

 

 

その後は様々な先輩方に色々とアドバイスや立ち話、事業部内でのスカウトを受けたり、二次会のお誘いを受けたりしたが、ほぼほぼ記憶がございません。

 

フラフラになりながら、梅田の街に出て、滋賀に戻るのだった。

 

 

移動中、感謝の気持ちに包まれながら、爆睡。

 

 

気付いたら彦根まで来ていた。

 

 

乗り過ごし過ぎやろ…。

 

 

 

 

 

【追記】

 

月曜日に式典の写真がアップされた知らせが届き、勇気を出して見てみたが、俺の無様な姿しか写っていなかった。

 

違う目線で見るとこういう風に映ってたんだね。

 

BGM: GIO(FOR HIMEYURI) by DJ WhiteSmith